窓は大きい方がいい?

注文住宅であっても、あるいは建て売りであっても、窓の大きさは住宅を選ぶ時の大事な基準になります。

 

特に建て売り住宅の場合、窓の大きい家は室内が明るいですから、内覧会などでも惹かれるのは当然でしょう。 が、昨今の流行である『シンプル・モダン』などの住宅は、旧来の建物よりもかなり窓が小さくなっています。

 

カタログを見比べれば一目瞭然。 シンプルモダンの家の窓が小さいのは、実はデザイン的なことだけではありません。 重要なのは断熱効果です。

 

日本は四季がはっきりしていて気候の変化が激しいですから、窓が大きいと、 夏には熱を通し、冬には室内の熱を逃がしてしまいます。

 

なんと室内の熱の4割近くは窓から逃げていきます。 最近の家は断熱にはかなりこだわっていて、ペアガラスやペアサッシなども利用されていますが、 完全断熱のガラスができない限り、窓が熱を逃がす主犯であることは変えられません。

 

ひと昔前は、窓が大きい=部屋が明るいですから、室内灯を点ける時間が遅くなる分、 電気代の節約になったこともありました。が、今や照明器具はLED。

 

消費電力は極めて低く、その優位性は薄れつつあります。 注文住宅だと、あそこにも窓、こっちにも窓と欲張りがちですが、 必ずしも窓が大きいことがいいこと、とは限りません。