建売住宅のメリットとデメリット

建売住宅とは、売主が仕様等を決めて建てられた住宅と、土地をセットで販売する住宅です。 家を建てたいと考えた場合、建売住宅を候補に挙げる方も多くいらっしゃいます。

 

では、そのメリットはどこにあるのでしょうか。 まず家が完成しているので、間取り等が好みかどうかすぐに判断出来ます。 また、購入も入居もすぐできることが、最大のメリットです。

 

家を建てるスケジュールが必要ないので、突然の転勤や子供の学校の入学等で、 すぐに新しく住む場所が必要な場合、検討される方が多いようです。

 

また建売住宅の場合、まとめて販売されていることも多いので、 年齢層も近くて、近所付き合いもスームズに行くと言われています。

 

またローンを組む場合でも、金融機関が予め入り相談もしやすく、スムーズにいくことがメリットです。 次にデメリットはどこでしょうか。

 

やはり家が完成した後に雨漏りがしたり 傾きがあったりという欠陥住宅を買ってしまうケースです。 やはりアフターフォローのある会社を選びましょう。