家購入時に困ったこと・しつこい営業編

住宅情報サイトで物件などを調べて、気になるものの資料請求をしたところ、しつこく電話や手紙が届きました。

 

見学してみたい物件があったので、問い合わせて見学に行きましたが、もうそこは契約が決まっているので似たような物件が近くにあるから見に行かないかと、別の物件を勧められました。

 

自分が気に入ったところではなく、他の物件を購入させようとされ、困りました。   先方は『建築仕様や内装はほとんど変わらないからいいじゃないか』と言ってきましたが、私は場所や日当たりも購入の条件に入れていましたので、断りました。

 

ですが、一度見学をしたり、資料を請求すると本当にしつこく連絡が来ます。   先方は利益をあげたいですから、しつこいのも仕方のないことかと思いますが、こちらも、言葉を濁したり、答えを先延ばしにすると、延々と営業をかけられ、しつこい対応が続きます。

 

電話でも対面でも、はっきりと自分の意見を伝えることが大事だと思い、また気になるものがあればこちらから連絡をするということと、そちらからの連絡は不要ということを伝えました。

 

感じの悪い印象にならないよう、丁寧にそして、何かあったときはまた、協力をお願いしますと伝えました。   営業の方とは信頼関係が大事ですから、自分の条件や意見、思ったことをきちんと伝えることが重要です。

 

人間ですから、性格的に合う・合わないが出てくると思いますが、もし、『この人とは合わないな』と感じた場合は、担当を変えてもらいましょう。

 

家の購入は、一生に一度かもしれない大きな買い物ですので、気持ちのいい買い物が出来るよう、相手を選ぶことも大事だと思います。